OJAEとは?

ojae-logo

OJAEとは、口頭表現テストに関する先行研究(ALTE欧州言語試験者協会[i], CEFR-JFスタンダード[ii]、Cambridge ESOL[英][iii]、DELF-DALF[仏][iv]、Profile Deutsch-MÜNDLICH[独][v]等)を基に上述OJAE研究チームが開発した日本語口頭産出能力テスト・評価法であり、下記の6点を主な特徴とする。

① 受験者の自己申告レベル(CEFR表2:共通参照レベル:自己評定表-6段階: A1-A2; B1-B2; C1-C2) をテストする。

②「2-2」テスト形態:試験者2名(面接者兼判定者及び判定者)と受験者2名。

③ テスト実施:「テスト設計図:53言語機能」に基づくテスト課題設定→テスト・スクリプト制作→スクリプト通りに実施し、テスト場面での逸脱を回避する。試験者側の発話はタスク発問に限定し、A:10分、B:15分、C:20分間で言語産出能力を測る。

④ 被験者発話は3種:⑴「独話」(1人で続けて話す)、⑵インタビューに応えての「独話」、⑶「交話」(被験者間2人で話す)。

⑤ 「レベル判定・合否評価」は、CDS採択「OJAEレベル判定基準表[vi]」及び「CEFR準拠:OJAE口頭表現能力5領域CDS[vii]に拠る。5領域とは、⑴言語表現使用幅(H)、⑵正確(S)、⑶流暢性(R)、⑷結束性(K) 、⑸交話(インタラクション)を指す。評価者は、「5領域+総合評定」 に立脚して9段階(上述6段階+「3+レベル:A2+, B1+, B2+」)で「レベル判定 Calibration」をし、最終的にテスト・レベルの「合・否の評価 Assessment」をする。

⑥ OJAEテスティングの各レベルは妥当性・信頼性の統計学的検証を経て確立される。

OJAE口頭テストは、表現産出力を言語発達・構築上普遍的なCEFR準拠尺度に照合することにより、受験者にとっては日本語習得の進捗状況の自主モニターを可能とし、試験者(授業者)にとっては、その状況把握から「次の学習項目は?」という授業構築・日本語習得上必然的な質問に対し、指針的な答えを与える。つまり、OJAEテストは、口頭産出力を測るための自己完結的なテストであると同時に、テスト結果を通常の授業に還元していくことで「テストがよい授業を構築する」という好循環をも齎すことができるのである。

[i] 以下、本論文全註及び文献に記されるWebアクセス最終日は2010.10.15.

ALTE – The Association of Language Testers in Europe. http://www.alte.org/. OJAEは、理論・実践的基盤を「欧州言語教育参照枠CEFR」に求め、ALTE に2008.2月にグループ会員加入を認められる。なおALTEはEQUALS (The European Association for Quality Language Services http://www.eaquals.org/)との共同研究体制の中にあることから、OJAEは欧州他言語への「比肩化・等化」(後述)という困難な課題を遂行していくに当たり両団体からEU内でのテスティング研究機関としての質的向上面でも恩恵を受けたいと願っている。

[ii] JF 日本語教育スタンダード 国際交流基金。

[iii] ESOL (English for Speakers of Other Languages: http://www.cambridgeenglish.org/) , またはCambridge ESOLは、「英語検定試験の老舗」であるケンブリッジ大学英語試験部門が欧州CEFR、Assett Languages (英国政府委託のケンブリッジ評価基準採択の日本語も含む全27言語評価サービス:www.assetlanguages.org.uk/)との連動体制で実施しているテスティング・評価法である。上記サイトは、「学習者・授業者・教育機関など」のそれぞれのニーズに対応するその情報量の多様さ、また「寛容性」において「21世紀IT革命」を理想的な形で具現化していると言える。OJAE代表山田は英国ロンドンでESOL側とコラボレートするテスティングのエキスパート、Prof. Dr. Barry O´SULLIVAN, Roehampton University, London, Applied Linguisticsに2010.4.25に「東京財団助成支援」により口頭能力試験に関する指導を受けることができた。この「コンサルタント・セッション」は、究極的にOJAEに「スピーキング・テストの青写真」(設計図)を齎した。同教授ご教示の「状況・機能主義的内容基盤のスピーキングテスト全般に亘る機能主義的観察チェックリスト」は、OJAEにとっての実り多き理論的再出発となったと言える。

[iv] DELF-DALFは 教育研究国際センター(CIEP、Centre international d’études pédagogiques)が実施する「外国語としてのフランス語」試験。

[v] Mündlich([口頭試験]Bolton他著[2008] は、上記「英語・仏語」に相当する「独語版」であるが、前者と異なり出版社を通しての発刊なので有料。しかし独語版は実際のレベル確定会議の詳細な「報告」を含み、DVD具体例との関連も明確であり「教則本」的役割を果たす。従ってOJAEもリル発表後、本書の具体的評価法・理由付け及びドイツ語CEFR参照本 Glaboniat他著(2005) Profile Deutsch (以下PD)の「先行研究的価値」に拠って、ドイツ語母語者対象のOJAE試行版の作成をしてきた。OJAE研究開発途上で「目下欠損している点」として研究課題が顕化してくるのであるが、その意味でOJAEがこの両書「PD及びMündlich」に負うところは大きい。

[vi] CEFR共通参照枠「表1:全体的な尺度」、OJAEテスト設計図、言語行為論、コミュニケーション場面モデル(JAKOBSON, Roman, 1960, “Closing Statement: Linguistics & Poetics” )などの先行研究を基盤にOJAEチームが開発したもの。

[vii] CEFR共通参照枠「表3:話し言葉の質的側面」は、OJAEチームにより新規翻訳された後、”Section A1: Salient Characteristics of CEFR Levels Chapter 1”, in North, 2009,(OJAEチーム日本語訳)も参照にして作成された。

OJAEとは?

OJAE各レベルの典型動画

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
OJAEとは?

OJAEレベル別資料

OJAEテスト具体例 B2レベル OJAE資料集 表:CEFR-OJAE 9レベル「話し言葉の質的側面」(OJAE (2010): 53–56) (PDF) OJAEテスト作成設計図(2010, 2017) ...
OJAEとは?

OJAE実施形態

OJAEテスト設計図は、話者が単に一人で「試験者」と対峙するのではなく、あくまでもコミュニケーション能力を測るという場面設定の中、「被験者二人組」で行う。テスト・スクリプト実例「A2、C1」(OJAE 使用書 p.15-18)が示すように、...
OJAEとは?

CEFR基準とは?

CEFR (Common European Framework of Reference of Languages) Learning, Teaching and Assessment 『欧州共通言語参照枠...